眼精疲労を予防しよう|目を見開いて覚醒しましょう

女性

免疫抑制細胞に働きかける

きのこ

シイタケは、食用とされる部分は実のようなもので、その下には無数の菌糸を張り巡らせています。これらの菌糸の集まりをシイタケ菌糸体と呼びます。シイタケ菌糸体が、がん治療の最前線で効果を上げています。免疫抑制細胞の増殖を抑える働きが発見されたからです。がんの再発防止に有効な手段と言えるでしょう。

もっと読む

腸にいいサプリ

サプリ

乳酸菌は水素と同時に服用すると、死滅せずに腸内まで届きます。今後は水素と合わせたサプリメントが流行るでしょう。保管方法ですが高い温度の場所に放置すると死滅します。なので冷蔵庫で保存しておくといいです。

もっと読む

目の疲れを取ると良い事

スーツの男性

目の疲れを防ぐ工夫

パソコン作業で眼精疲労が溜まると頭痛、首や肩のコリに繋がります。そうすると、作業効率が落ちてしまいます。眼精疲労は様々な事が原因で発生します。デスクワークの際にテーブルと椅子の高さがあっていないことや、姿勢が悪いことでも目に負担がかかってしまいます。パソコン画面を長時間見つめていることでドライアイになりやすい事も原因になります。簡単に出来る眼精疲労を防ぐ方法についてですが、背筋を無理なく伸ばし、画面から離れすぎずに自分の視力に応じた適切な距離をとります。モニターの高さを目線に合わせるように椅子とテーブルを調整します。そして、作業の合間にパソコン画面から視線を外し、目を休めます。さらに、椅子から立ち上がって軽いストレッチなどをすると眼精疲労を防ぐことができます。これらの事に気をつけることで集中力や、作業効率改善が期待できます。目を見開いて覚醒しましょう。

目に優しい食品

目に優しい食品についてですが、アントシアニンという成分が眼精疲労予防や改善に効果があると言われています。どんな食品に入っているかというと、一番有名な物はブルーベリーがあります。アントシアニンには抗酸化作用が有るため、目だけでなく、免疫力の向上も期待できるとされています。アントシアニンの効果をさらに引き出すために、ビタミンAを同時に摂取すると良いと言われています。ビタミンAを多く含む食品としてはほうれん草、レバーなどがあります。アントシアニンやビタミンAは最近は注目度が高く、様々なサプリメントが販売されています。普段の食事でも摂取することを心がける事が大切ですが、サプリメントは、手軽に栄養を補うことができる事も人気となっています。

魚に多く含まれる栄養素

錠剤

DHAとEPAは、必須脂肪酸の1つであるオメガ3脂肪酸の一部です。これは人間が必ず要る栄養素の一つで、不足すると生活習慣病や精神上の不調が出てきます。DHAとEPAは魚に多く含まれていますが、熱に弱いのでサプリで取るのが効果的です。

もっと読む

Copyright © 2016 眼精疲労を予防しよう|目を見開いて覚醒しましょう All Rights Reserved.